プジョー2008

 

 

日本で、世界でブレークしているコンパクトクロスオーバーモデル。
そのプジョー版が2013年のジユ、!S?フショIでデビューした20080プジョーの4析モデルは1007に始まったニッチな世界観を持つ
シリーズだが、この2008は想像通り、208をべースにしたクロスオーバーだ。

 

最低地上高は208の140mmに対して165mmとしているものの、駆動方式はFF。

 

つまり、アーバンクロスオーバーというキヤラクターと考えて良い。
とはいえ内外装ともに独自のデザインを採用し、標準の「アリユール」とともに用意される「GTライン」はタイヤが208の16インチからオールシーズンの17インチになるだけ
でなく、悪路や雪道の走破性に威力を発揮するグリップコントロールを備えるなど、よりSUV色を強めたとなっている。

 

搭載されるエンジンは国際エンジン?オブ?ザ?イヤーを受賞した110PSの1.2Lターボ。
それに最新の第三世代となる6速ATを組み合わせ、JC08モード燃費は17.3キロと優秀。
2008の魅力はクロスオーバー風味あるデザイン、最低地上高の余裕だけではない。

 

208に対してリヤオーバーハングを150mm伸ばしたことで、ラゲッジの容量は卜ノカバーの下部分だけで26%拡大(36の計測で具体的には荷室開口地上高610mm(段差なし)、奥行き750
?、最大フロア奥行き1400mm、幅1045mm、高さ750mm。

 

荷物をスルスルと出し入れしやすいフロアレ?ルを備え、ほとんどステーションワゴン的なラゲッジスぺースの使い勝手が実現されている。
そう言えば、デビュー当時の2008は5速のシングルクラツチミッション= ETGが組み合わされ、変速に船を漕ぐようなギクシャク感と前後の揺れを伴ったものだが、

 

最新のトルコン式6速ATとなった今、ギクシャク感というウィークポイン卜は解消されたと思って良い。
最新の2008の走りは良きプジョーそのもの。乗り味はフラッ卜で、段差や荒れた路面を絶妙にいなす猫足もまずまず健在。

 

6速ATの変速はプジョー、フランス車だと思えば素晴らしくスムーズで、エンジンは3気筒とは思えぬ排気量をさせない力感と滑らかさを終始発揮。

 

ハード全体が織りなす爽快な加速感、小径ステアリングによるスポーティでヒラリヒラリ感のある操縦性、ドライブフィールは、クルマ好き、運転好きなら思わず頻がゆるむのもの。
無論、208よりも車高が高いということは視界も高いわけで、特に街乗りで運転のしやすさに直結する。

 

最後に2008の不満点を挙げるとすれば、プジョーとしてはやや硬めに感じられる乗り心地と、フランス車全般に言える先進安全装備の不十分さだ

 

輸入車で262万円からの価格設定を考えれば納得してしまいそうだが、ドイツ車などの先進安全装備の充実度を知れば、気になる人は気になるだろう。

 

 

 

主要諸元 2008GTライン
全長×全幅×全高 4,160×1,740×1,570
ホイールベース 2,540mm
車両重量 1230kg
エンジンの種類 直列3気筒DOHCターボ
総排気量 1,199cc
最高出力 110ps
最大トルク 20.9kgm
燃料タンク 50L (プレミアム)
トランスミッション 6速AT
駆動方式 FF
タイヤサイズ 205/50R17
最小回転半径 5.5m
JC08モード燃費 17.3
車両本体価格 285万円

 

 

 

 

プジョー3008

 

3008のべースはミドルサイズハッチバックの先代308だが、専用設計された個性的なパッケージングのアッパーボディを採用することで、
ハッチバックとSUVのクロスオーバーモデルに仕上けている。

 

フロントマスクは厚みがあり、最近のモデルでは少なくなったワンモーションフォルムを採用しているので存在感のあるスタイリング。

 

リヤビューは一見普通だが、リヤゲー卜が上下2分割式になっているので使い勝手は独特。

 

インテリアもドライバーオリエンテッドなインパネと大型センターコンソールにより特別な雰囲気に包まれている。

 

着座位置がミニバンのように高いので前方の視界が良く、長く運転しても疲れにくいのが美点。

 

パノラミックルーフが装備されているので後席の解放感も高い。
荷室はフロアが少し高いが、奧行きがあり助手席も前倒しできるので大きな物も積み込みやすい。
1.6必タhボ+6速ATのパワー卜レーンは2016年3月に9PSの出力アップとATの改良を行なつて燃費を向上させた。

 

駆動方式はFFだが雪道や泥道などの路面状況を選ぶだけでトラクシヨンコントロールを最適に制御してくれるグリップコン卜ロールを装備している。

 

エンジンは低速から豊かなトルクを絞り出すが、車両重量が重いので軽快な印象はなく、必要十分な力強さだ。
ハンドリングは重心の高さを感じない仕上がりだが、乗り心地がプジョーとしては硬めなのが惜しいところ。

 

まもなく新型がデビューするので、気になる人は急いだほうが良い。

 

 

 

 

主要諸元 3008アリュール
全長×全幅×全高 4,365×1,835×1,635
ホイールベース 2,615mm
車両重量 1490kg
エンジンの種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1,598cc
最高出力 165ps
最大トルク 24.5kgm
燃料タンク 60L (プレミアム)
トランスミッション 6速AT
駆動方式 FF
参考 forester-reports.com
タイヤサイズ 215/60R16
最小回転半径 5.5m
JC08モード燃費 14.6
車両本体価格 349万円